美健倶楽部(メイプルフーズ)の糖尿病食は強い味方です

昨年、通い慣れた病院の先生から糖尿病だと診断され、保健所の栄養指導に行くように勧められました。足を運んで話を聞いたものの、長年一人暮らしであまり自炊してこなかった身としては、カロリーの計算や栄養のバランスを考えて食事を作るなんて考えられないことでして。糖尿病になってからもしばらくはコンビニのお弁当や出来合いの総菜を買って食べるという食生活を送っていました。

 

でも、当然そんな食生活が体にいいはずがありません。きちんと食事療法していないことに気づいた病院の先生が離れて暮らす娘に連絡したようで、娘がきちんと食事療法を続けるようにと注文してくれたのが、美健倶楽部(メイプルフーズ)の糖尿病食だったんです。最初はお試しコースから始めたのですが、味気ないものだと思い込んでいた糖尿病食がこんなにおいしいのか!とビックリ。ごはんがついて400キロカロリーですし、一食が760円くらいですから価格もコンビニ弁当とそう大差ありません。これなら続けられるかなと思って、今では定期コースを利用するようになりました。

 

自分で好き勝手な食生活をしていたころは、どうしても野菜が不足しがちになったりカロリーを摂り過ぎたりしていたのですが、美健倶楽部(メイプルフーズ)の糖尿病食にお世話になるようになってからは、栄養バランスの良い食事を摂れています。メニューも多いので「またこれか・・・」と食べ飽きてしまうこともありませんし、何よりきちんと計算されて作られているので安心しておいしく食べられます。男性でも満足できる量だと思います。

 

今では血糖値も落ち着き、食事療法がうまくいっていると実感する毎日です。これからも美健倶楽部(メイプルフーズ)の糖尿病食にお世話になろうと思っております。

美健倶楽部(メイプルフーズ)の糖尿病食の魅力と特徴

料理のプロと管理栄養士が作ったおいしい糖尿病食を提供している、美健倶楽部(メイプルフーズ)の糖尿病食。糖尿病で栄養とカロリーの制限を受けた食事をしなければならない多くの方から人気を集めている、この美健倶楽部(メイプルフーズ)の糖尿病食とは、どのようなものなのでしょうか。

 

美健倶楽部(メイプルフーズ)の糖尿病食の特徴は、主菜・副菜・汁物それにご飯の4品でわずか400キロカロリーという低カロリーであることと、塩分がわずか3グラム以下であるということ。管理栄養士と料理のプロが作った低カロリー・低塩分なおいしい食事のメニューは、なんと70種類にものぼります。一品一品きちんと栄養を計算された和・洋・中のおいしい低カロリー食は、すべて手作りで作り置きもなし!食材も特別栽培米の富山県産こしひかりや、農林水産大臣賞受賞のやまと豚を使用するなど、こだわりぬいたものが使われているんですよ!

 

手作りでおいしく、しかも低カロリーである美健倶楽部(メイプルフーズ)の糖尿病食は、1週間に1回5食を希望の曜日・時間帯に受け取ることができます。また、冷凍された状態で届くから、レンジで温めるだけですぐに食べることができてとっても便利。食事の摂り方など、わからないことがあれば栄養士さんに無料で相談できるという、うれしい魅力的なサービスもついています。

 

主菜・副菜・汁物それにご飯の4品がついたフルセットが、4週間分20食で15,800円。一食あたりは790円という低価格もとっても魅力的。栄養とカロリー、そしてコストやサービス面で選ぶなら、糖尿病食は美健倶楽部(メイプルフーズ)の糖尿病食がおすすめです!